人生が続くノート

求人サイトと言うと、企業は仕事を探している人材を募集する為にサイトを利用し、サイトを見る人は、仕事を探しているという事になる。

そういう人たちをで合わせる事で、希望の仕事が見つかったり、希望の人材が見つかる事を企業も労働者も期待していると思うが、実態はそんなものは求人サイトにはほとんど無い!
全くないとは言わないが、ほとんど無い!(笑)

つまり企業からしたら、企業が欲しいと思っている人材は、求人サイトを見ていたとしても、転職意欲はほぼ皆無で、逆に募集を出している会社に応募したいと思う人は、その企業が望んでいる人材ではない事がほとんど。

そして求職者の方はと言うと、求職者が望んでいる給与や職種が掲載されていても、そこの会社で働ける可能性は極めて低い。

酷い場合だと、最初から募集していないか、既に募集がストップしているのに、掲載をそのままにしていたという事で、取る気もないのに面談だけするケースもある。

特に大手の求人サイトの場合、1回の掲載料が高いので、割引サービスを利用する場合、チケット制だったり長期間の枠で買うので、そうするともう採用の必要がなくなってからも、惰性で広告が出ていて、書類審査はほぼ100%不採用という事もある。

受かるのは、相当優秀な人や若い人とか、何らかの条件を満たした人という事が多く、若くて優秀な人は企業が離さないので、そもそも求人サイトで仕事を探している人と、求人サイトで募集しないと人が集まらない会社だったら、
どっちも「選ぶ人」であり「選ばれなかった人」なので、イマイチなく癖に、選ぶ不人同士が仮に面接まで行っても決まるはずがないという話。

偏った意見だけど、そういう印象を受けた人が多いと思う。まぁーそんな求人サイトの悪いところをばかり探ってもあれだから、時間があればYoutubeで大好きな女優さん渡辺舞ちゃんの動画がみたい。

渡辺舞ちゃんは最近色んなドラマで活躍してるので、美人好きなら、要チェック!