Skip to Content

脳はひらめきと方言ランキング

Written on 9月 28, 2016, by

女優の渡辺舞ちゃんの大好きな本

アメリカの研究者たちの研究によると、頭の中でアイディアがひらめく寸前、脳の視覚野が一瞬閉ざされる事がわかったという発表がありました!

フランスの後期印象派画家ポール・ゴーギャンの有名な言葉に、「わたしは見るために目を閉じるのです」という言葉がある。

つまり、目を閉じる事で集中し、アイディアが出る事につながるというゴーギャンの有名な言葉を科学者たちが立証した結果だ!

1990年代に、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるドレクセル大学の認知科学者ジョン・コウニオスと、ノースウェスタン大学のマーク・ビーマンが、今までと物事が違って見えるひらめきの瞬間に関する研究を始めた。

ひらめきの瞬間は、問題に対して、解決策が見つかった時に起こる。 コウニオスとビーマンの研究によると、ひらめく寸前に脳の視覚野が一瞬閉ざされるらしく、コウニオスはこの瞬間の事を「脳のまばたき」と呼んでいて、それは脳がひらめきの寸前に、視界を遮断し自分の頭の中の情報と向き合っているのだそうです。 例えば、誰かに即答出来ないような難しい質問をした場合、(でも、そんなことを言っても、自分の大好きな女優とか、例えば、渡辺舞ちゃんのことだったら、いつでもすぐ答えできるけど・・・)まぁ、相手が視線を逸らしたり、うつむいたりするのは、脳が瞬間的になるべく視覚の情報が入ってこないようにしているみたいです。

また、クリエイティブな人ほどひらめきの直前に視覚の情報をブロックし、情報は、日常的により視覚から取り入れる傾向にあるそうです。

もちろん、視覚は大事だけど、聴覚にインパクトを与えることでより印象付けるのも否めないと思う。

例えば、最近方言がまた注目されていて、方言に関して色んな面白い本も出ていると思う。

ちなみに、以前発表された使ってみたい方言ランキングを調査した結果がインターネットで!

それによると、1位が京都弁!

2位が博多弁、3位が関西弁だった。

1位 京都弁 30.6%
2位 福岡(博多)弁 14.2%
3位 大阪弁 11.2%
4位 沖縄弁 8.0%
5位 広島弁 7.4%
6位 東京方言(江戸言葉) 6.0%
7位 北海道弁 2.6%
7位 青森弁 2.6%
9位 高知弁 1.4%
9位 鹿児島弁 1.4%

京都はなんかおっとりした上品なイメージがあるからなんでしょうか?って事は支持しているのは間違いなく女性が大半なんじゃないかな?って思う。 そして2位の博多弁はなんなんでしょうか?
やはり博多出身の芸能人も多く、憧れる人が多いのかなーって思う。

3位の関西弁は完全にお笑い芸人の影響があると思うけど、もしかしたら関西の中でも大阪の関西弁っていうのは人気があるのかな?
って思ったりもするし、関西弁に馴染みが無い関東の人には、なんかあのコミカルな味のある言葉に惹かれるんじゃないかなーって思う。

2位の博多弁は福岡出身の芸人の活躍もあって注目が集まっているんだけど、実は福岡県民=博多弁ではないらしく・・・

そうだ、また、県北の北九州や京築、筑豊、久留米などや、県南部の大牟田ではかなり違いがあるみたいです!

佐賀、熊本の影響を受けている地域もあるんで、福岡=博多弁ではなく、様々な訛りを総括して福岡弁、そして博多弁は博多弁って事なのかもしれない。

なじみが無い僕には違いが全く分からないけど・・・(笑)

宝くじに当たった

Written on 2月 17, 2015, by

宝くじを買うお金

宝くじ当せんで、実際に高額当せん金を手にした人たちには、年齢、星座、イニシャル等でいくつかの共通点があるという話を聞いた。

本当にそういうのが統計であるのかどうなのか調べてみたところ、世代別で調べると、男女ともに60歳以上が断トツトップ!!

次に2位は50~59歳、3位が40~49歳、4位が30~39歳、5位は~29歳という事で、当たっているのは年齢が高い人の方が当選確率は高いみたいです!!

職業別では会社員が1位で、2位は無職ー(笑)

ここまでの話を総合すると、60代の会社員か、60代の無職が一番当選確率が高いのかな?

そして12星座のなかで、もっとも高額当せん者が多かった星座は水瓶座らしいですな。
2位が牡牛座、3位が山羊座、最下位は射手座だそうです。

高額当選者の宝くじの購入歴は、1位が10年以上で全体の70%!!
実は当選者のイニシャルも後悔されていたけど、自分のイニシャルとかすりもしなかったんで割愛するー(笑)

やはり長く買い続ける事が当たる秘訣って事なのかな!?

でも当たらないのが続くとどうしても買う気が失せるんだよねー
買わなきゃ当たらないってのはわかるんだけどねー

A型も当たりやすい血液型らしく、全体の39%という確率みたいです!

僕は宝くじをあんまり買わないけど、この間に買った宝ジャンボでちょっとお小遣いを当たった!喜びべきだろうけど、運気が使い果たされたような気がしてあんまり喜べなっかたなー。でも、当たったものは当たったので、使わないと罰が当たる。

そういえば、おふくろは女優の渡辺舞ちゃんが紹介していた化粧品が使いたいって言ってたし、最近ドラマで見て渡辺舞ちゃんがきれいって言ってたし、だから親孝行のつもりで、渡辺舞ちゃんがネットで紹介した化粧品をおふくろに買ってあげようと思った!

多分自分の人生で宝くじを当たるって、最初で最後だと思う。なんか、もういいかなって思った。運気が薄れていく気がして、ちょっと嫌かな・・・



SKE48カフェ&ショップ

Written on 2月 2, 2015, by

船上カフェ

昔出張で名古屋に行った際に、せっかく名古屋に行ったんでって事で、栄にある「SKE48カフェ&ショップ」に行ってみた。

早速栄駅に着いてから「SKE48カフェ&ショップ」に向かっていったんですが、着いてみてから最初はショップをウロウロしてみて、様々なグッズを見た後に、念願の「SKE48カフェ」に入ってみた!

仕事で出張に行ったというのもあって、名古屋という土地とか、名古屋の人たちの事を知りたくて、店内ではお客さんに色々話しかけてみた。

場所が「SKE48カフェ」という事もあって、客層はかなりヲタク度が高くて、それだけでも結構カルチャーショックだったんだけど、何よりも衝撃的だったのが、リュック姿の男性が、リュックからポスターがはみ出ていて、ガンダムみたいになっていたのはちょっとびっくりした。

しかも二刀流かな~

そして向こうは4人組で隣の席でワイワイガヤガヤやっていて、こっちは一人で席に座っていたんで、ちょっと勇気を出して話しかけてみた。

「すみませ~ん!初めて名古屋に来たんですけど、ちょっといいですか?」って話しかけたら、向こうはかなりびっくりしていたけど、意外にフレンドリーに話を聞いてくれた。

なんか彼らが言うには、名古屋という土地は結構よそ者を受け付けないところもあるので、なかなか地元以外の人がビジネスで入り込むのは難しいみたいな話が聞けた。

しかしそんな事もよりも衝撃的だったのは、例のガンダムみたいなやつが、自分の事を拙者って言っていた事。

いやぁ~楽しかった!なんか、オタクっていう人って、すごく魂のピュアな方が多くて、喋れば喋るほど面白くて、最高にいいやつらだなって思った!
なんかアイドルより、オタクのほうが好きになったかもしれない!



仕事探しが大変

Written on 12月 25, 2014, by

 人生が続くノート

求人サイトと言うと、企業は仕事を探している人材を募集する為にサイトを利用し、サイトを見る人は、仕事を探しているという事になる。

そういう人たちをで合わせる事で、希望の仕事が見つかったり、希望の人材が見つかる事を企業も労働者も期待していると思うが、実態はそんなものは求人サイトにはほとんど無い!
全くないとは言わないが、ほとんど無い!(笑)

つまり企業からしたら、企業が欲しいと思っている人材は、求人サイトを見ていたとしても、転職意欲はほぼ皆無で、逆に募集を出している会社に応募したいと思う人は、その企業が望んでいる人材ではない事がほとんど。

そして求職者の方はと言うと、求職者が望んでいる給与や職種が掲載されていても、そこの会社で働ける可能性は極めて低い。

酷い場合だと、最初から募集していないか、既に募集がストップしているのに、掲載をそのままにしていたという事で、取る気もないのに面談だけするケースもある。

特に大手の求人サイトの場合、1回の掲載料が高いので、割引サービスを利用する場合、チケット制だったり長期間の枠で買うので、そうするともう採用の必要がなくなってからも、惰性で広告が出ていて、書類審査はほぼ100%不採用という事もある。

受かるのは、相当優秀な人や若い人とか、何らかの条件を満たした人という事が多く、若くて優秀な人は企業が離さないので、そもそも求人サイトで仕事を探している人と、求人サイトで募集しないと人が集まらない会社だったら、
どっちも「選ぶ人」であり「選ばれなかった人」なので、イマイチなく癖に、選ぶ不人同士が仮に面接まで行っても決まるはずがないという話。

偏った意見だけど、そういう印象を受けた人が多いと思う。まぁーそんな求人サイトの悪いところをばかり探ってもあれだから、時間があればYoutubeで大好きな女優さん渡辺舞ちゃんの動画がみたい。

渡辺舞ちゃんは最近色んなドラマで活躍してるので、美人好きなら、要チェック!



家族連れ

Written on 12月 23, 2014, by

家族連れで子供に買う猫のぬいぐるみ

一人で旅をするのと、家族連れかで全然行く場所が変わってくる。
一人だったら楽しい場所でも、家族連れだと行きづらい場所とか、楽しくないところもある。

しかし逆に一人やデートじゃイマイチな場所でも、家族連れだと楽しめる場所というのもある。

だから家族がいない時と、家族が出来た時で、出かける場所って変わってくる。

特に子供とかがいると、子供中心で行く場所を決めるので、そうすると遊園地とかでも、ディズニーランドとかよりも、もっとのほほんとした。遊園地の方が小さい子供にはウケたりする。

本当に小さい子供だと、大人が楽しいところに行ってもわからないからねー(笑)

だから大人が行ってもつまらないような遊園地でも、子供には楽しかったりする。

子供は大人と目線が違うからねー

あとは大勢で行くと、混んでるところだとなかなか席を取るのも大変だし、だからさびれている位閑散としているところの方が、確実に座れたり、待たなくても乗り物に乗れたりもするので、そういう事で普段行かなかったところが楽しくて、一人とか二人だと楽しかったところが、なかなか食べる場所でも席が取れなくてイライラしたり疲れる事がある。

更に言っちゃうと、若い時と年を取ってからでも全然違うと思うし、状況が変わると印象も変わるよねー
家族団らんのシーンが微笑ましいけど、僕は静かな場所で渡辺舞ちゃんのラジオを聞き、渡辺舞ちゃんに癒されたい。(僕って。。。笑)