Skip to Content

離れてはじめて気づくこともある

Written on 11月 11, 2014, by

渡辺舞ちゃんのラジオを聞いて時を忘れるぐらい時計を見ない

一緒にいると全てが当たり前な感じで、そのありがたみが気付かなかったりするが、それより悲惨な人たちに出会う事で、あの人たちはそんなに悪い人たちじゃなかったなーって気づくことがある。

多分自分に対しても、いる時煙たがった人でも、後からいなくなって、自分の良さに気付く人もいるかもしれない。

まー自分なんかに良いところなんかは少ないけど、それでもいなくなってから、思うのは、隣の芝生は青いじゃないけど、自分にものじゃなくなった途端に、良いものに思える感じとかそういう現象なんじゃないかな?

たとえば若い頃の思い出って結構いいことを思い出したりもするけど、実は本当に若い頃に戻ってみたら、それほどいい思い出でも無かったりすることがあったりする。

人は自己防衛本能というものがあって、嫌な事は忘れたり、都合良く美化する本能がある。

体に入ってきたばい菌をやっつける免疫力が強い人と弱い人がいるように、メンタルも強い人も弱い人もいる。

僕自身もメンタル強い方じゃなく、細かいことを気にするタイプ。そのとき、ネットで渡辺舞と長尾まりやのTuesday Nightを探して、目をつぶって渡辺舞ちゃんのラジオを聞いていれば、なんか嫌なことなんぞ全然大したことないと思えてくるから、また頑張ろうって心の支えになる。ラジオだからかな、耳だけ傾けば何かをするよりも楽な気がする。

考えれば、あまり気にしない人とか自分に都合がいいのもどうかと思うけど、悪い思い出を引きずったり、考え過ぎてもしょうがないから、それはそうじゃない方が、精神衛生上は良いんじゃないかなーって思う。

だから距離を取る事で冷静に慣れたり、よく見えるって事は、時には離れてみたり、適度な距離を取る事で、良好な関係が保てる可能性があるって事かも!

距離感大事!



マイルドヤンキーって羨ましい

Written on 10月 27, 2014, by

頭にボールが飛んできた女の子

マイルドヤンキーという言葉を知っていますか?

ヤンキーは田舎とかにいる不良の事だと思うんだけど、マイルドって位なんでちょっとゆるい不良?(笑)

気になったんで調べてみたんだけど、マーケティングアナリストの原田曜平さん(博報堂 ブランドデザイン 若者研究所)って人が、2014年1月に定義したカテゴリーの名称らしいです!

原田さんが言うには、マイルドヤンキーには下記の傾向があるという事です。

・EXILEが好き
・地元(家から半径5km)から出たくない
・「絆」「家族」「仲間」という言葉が好き
・車(特にミニバン)が好き
・ショッピングモールが好き

更に不動産投資家の芝山元さんはこう付け加えている。
・生まれ育った地元指向が非常に強い(パラサイト率も高い)
・郊外や地方都市に在住(車社会)
・内向的で、上昇指向が低い(非常に保守的)
・低学歴で低収入
・ITへの関心やスキルが低い
・遠出を嫌い、生活も遊びも地元で済ませたい
・近くにあって、なんでも揃うイオンSCは夢の国
・小中学時代からの友人たちと「永遠に続く日常」を夢見る
・できちゃった結婚比率も高く、子供にキラキラネームをつける傾向
・喫煙率や飲酒率が高い

ちょっと言いたい放題だけど、こんな人田舎に行ったらいっぱいいるよね?
これに僕が付け加えるとしたら、上下ジャージとかスエットで外を歩くって事かな?

それこそイオンとか田舎のショッピングセンターとかコンビニに行ったら、ミニバンにジャージとかスエットの茶髪がいたら、間違いなくマイルドヤンキーでしょ。。。(笑)

でもこのカテゴリーはちょっとばかにしてる感が出ているけど、個人的には田舎だろうか、親に依存してようが、そういう場があるっていう事は良い事だと思うし羨ましいと思う。

自立している事が偉いとも思わないし。



青汁

Written on 10月 3, 2014, by

野菜や果物

まず~い!もう一杯!で有名な青汁。

最近では様々な様々な種類の青汁が売られていますが、元々青汁は青野菜を使った飲み物なんで、原材料は野菜が主原料です。
最近売られている青汁の原料はどういう種類があるかというと、大きく5種類が存在します。

・ケールの青汁
ケールはアブラナ科の野菜で、ビタミンやミネラルや食物繊維が豊富なことが知られています。
味はケール特有の苦みがあり、体の免疫力を高める効果があります。

・大麦若葉の青汁
ケールより苦みが少なく、ビタミンやミネラル、食物繊維、カテキンなどが豊富に含まれていて、老化防止や肌の若返りに効果があると言われているので、野菜不足な人にはオススメです。

・桑の青汁
桑の葉で作られている青汁です。
昔から桑の葉は漢方に使われていて、桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシンという成分が、血糖値を下げるので、 高血圧や糖尿病予防に効果的です。
ミネラルや食物繊維も多く含んでいて飲みやすいのが特徴です。

・緑茶の青汁
緑茶の青汁は緑茶以外にケールや大麦若葉を混ぜた青汁として売られています。
緑茶なので抹茶のような味がします。緑茶のカテキン効果が特徴です。

・明日葉の青汁
明日葉は、八丈島では高麗人参の代用として使われる位栄養素の豊富な植物です。
薬草のような独特の風味があり、ケール以上にビタミンやミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。

抗菌抗酸化作用、血液をさらさらにする効果もあると言われています。

なんか一口に青汁って言っても、今はいろんな種類があるんですねー
なんかいっぱい出過ぎてて飲んでいる人たちも飲まなくなったり、業者同士で足を引っ張り合っているんじゃないかな?って思っちゃいます~(笑)



水道水と井戸水

Written on 9月 13, 2014, by

水道の蛇口

子供の頃、友達の家に行って水を飲んだらメチャクチャ冷えていて美味しかった!
「何このお水!?」って聞くと、井戸水だよと教えてくれた。

地底深くにある水をくみ上げるのが井戸水なんだけど、地下のお水は冷えてて美味しく、水道水はろ過とか薬品の過程でカルキ臭くなるのか、とにかくぬるくてまずいっ!(笑)

それでも衛生面で考えたら、あの薬品臭い味で殺菌して、水を綺麗にしているのかなーって思う。

そんな井戸水に憧れていたある日、自宅で水道工事が始まって、なんとうちにも井戸水が出来た!

元々ある水道水の蛇口の横に、あたらしく蛇口が出来て、そこをひねると、水道水とは全く違う冷たくて美味しい水が出てきた!

しかも、井戸水を掘る工事でお金はかかったんだろうけど、その後は蛇口をひねれば勝手に水が出てくるから、水道局からの請求もない!

つまりはタダ!

水道引くのにお金はかかったけど、将来的に考えても、美味しい水って意味でも、色んな意味でお得な井戸水。

都会だとそんな工事をしているところは見たことが無いけど、田舎の人ってそういう所をこだわるんだよねー

最近の田舎の人はこだわらなさそうだけど。。。

田舎に行ったら是非一度井戸水を堪能してみて下さい!
つめたくて美味しいです!あの味は忘れられないと思う。



蛍が見れる自然

Written on 8月 22, 2014, by

樹齢の高い木

神奈川にホタルが見れる自然が豊富なスポットがある。

名前は寺家ふるさと村(じけふるさとむら)という所なんだけど、寺家ふるさと村四季の家管理運営委員会という所が横浜市からの委託を受けて、管理しているらしいです。

関東でもまだまだ自然はいっぱい残っているとは思うけど、ホタルが見れるというのは珍しいと思うし、周りの田園風景も癒される。

その周りには山みたいになっているので、そこでピクニックも出来るし、お茶が出来る茶屋みたいな場所もあった気がする。

あとは川が流れていて、そこで子供たちが生きものを探して遊んでいたりしているんだけど、虫とかかえるとかうじゃうじゃいて、虫が嫌いな人はダメかもしれないー(笑)

それでもあの田舎っぽい景色の中散歩するだけでも全然楽しいと思うので、関東の人は是非一度遊びに行ってほしいと思う。

横浜と言えば、中華街とかみなとみらいとか、都会的なエリアと異国情緒あふれるエリアと、様々な文化がごっちゃまぜで、同じ市なのにちょっと離れるとかなり雰囲気が違う街に出会える。

みなとみらいは特に赤レンガ倉庫とか観覧車とか遊園地もあったりランドマークがあったり、盛りだくさん!

そんな都会な横浜市と同じ横浜市で見れる自然。

また来年ホタルを見に行きたい!感動するでしょう!